【Git】GitHubを使ってソースコードをアップロード、共有してみよう。〜GitHubアカウント作成からソース共有まで〜

この記事では、初めてGitを使う方を対象にした記事になっております。

Git・GitHubとは?

Gitとは、プログラムソースなどの変更履歴を管理する分散型のバージョン管理システムのことです。

簡単に言えば、プログラムソースを共有・管理できるツールです。

GitHubは何かというと、Gitを使いやすくしたWebサービスのことです。まぁ初心者の間は、同じものだと思って大丈夫です。

では、早速GitHubの使い方を解説していきたいと思います。以下の手順で解説していきます。

  1. GitHubアカウント作成
  2. Gitとターミナルの連携
  3. GitHubにソースコードをアップロード
  4. GitHubのソースコードを共有

GitHubアカウント作成

GitHubのアカウントは、メールアドレスさえあれば、誰でも無料で作成できます。

STEP.1
GitHubにアクセス

以下のサイトにアクセス

GitHub

STEP.2
Sign up

右上の[Sign up]をクリック

STEP.3
アカウント情報登録

アカウント情報を入力してください。

①メールアドレス
②パスワード作成
③ユーザーネーム(既にあるアカウントと被らないusername)
④GitHubの情報を受け取るかどうか(yで受け取る、nで受け取らない)
⑤上記の入力が終わったらContinueをクリック


検証するをクリック


渦巻きをクリックする


チェックマークが表示されたら[Create acconunt]をクリック

STEP.4
パスコードを入力

メールが送られているのでそのパスコードを入力します。


GitHubからメールが届いているので、そのメールの中のパスコードをコピーします。


パスコードをペーストします。

STEP.5
登録完了

この画面が表示されたら登録完了です。

これでGitHubが使えるようになりました。

では、次に初期登録を行いましょう。

Gitとターミナルの連携

GitHubで作成したアカウントをターミナルに登録しましょう。

STEP.1
ターミナルを起動

command + スペースでspotlightを表示し、ターミナルと検索し、ターミナルを起動しましょう。


これがターミナルです。

STEP.2
ターミナルへのユーザー登録①

ターミナルにGitHubのアカウントを登録します。

以下のコマンドを入力してEnterを押してください。GitHubのユーザー名のところを自分のユーザー名に変えてください。

右上のアイコンをクリックすると、メニューが出てきます。そこに、ユーザー名が表示されています。

git config --global user.name "GitHubのユーザー名"
STEP.3
ターミナルへのユーザー登録②

次は、メールアドレスを登録します。

以下のコマンドを入力してEnterを押してください。メールアドレスのところを登録したメールアドレスに変えてください。

r@

これで、ターミナルとGitHubの連携は完了です。

個人アクセストークン取得

GitHubにソースコードをアップロードするには、個人アクセストークンというのが必要になります。

なので、その個人アクセストークンを取得しましょう。

STEP.1

GitHubにアクセス

GitHub

STEP.2

①右上のアイコンをクリック
②Settingsをクリック

STEP.3

下にスクロールしてDeveloper settingsをクリック

STEP.4

①Parsonal access tokensをクリック
②Generate new tokenをクリック

STEP.5

①NoteにMyToken20220913というように、MyToke+日付を入力
②90 daysに変更

STEP.6

repoadmin:repo_hookdelete_repoにチェックを入れる

STEP.7

一番下のGenerate tokenをクリック

STEP.8

これで、個人アクセストークンが取得できました。

このコードは、どこかに必ずメモしておいてください。次のアップロード時に使います。

これで個人アクセストークンの取得は完了です。

GitHubにプロジェクトをアップロード

では、いよいよGitHubにソースコードをアップロードしていきます。

今回は、Xcodeで作成したプロジェクトをアップロードしていきたいと思いますので、Xcodeでプロジェクトを作成しておいてください。

STEP.1

GitHubにアクセス

GitHub

STEP.2

まずは、GitHub上にリポジトリ(ソースを入れる箱)を作成します。

①右上の+ボタンをクリック
②New repositoryをクリック

STEP.3

①Xcodeのプロジェクト名を入力
②Privateに変更
③Create repositoryをクリック

この画面になったらOKです。

STEP.4

Xcodeでアップロードしたいプロジェクトを開く

STEP.5

ターミナルを開く

STEP.6

①ターミナルにcd と入力(スペースを忘れずに!)
②プロジェクトをドラッグ&ドロップ
Enter

STEP.7

cd ..と入力してEnter

cdの後にスペース忘れずに

STEP.8

git initと入力してEnter

STEP.9

git add .と入力してEnter

STEP.10

以下のコマンドをコピペしてEnter

git commit -m "first commit"
STEP.11

以下のコマンドをコピペしてEnter

git branch -M main
STEP.12

GitHubのサイトに戻って、上記の1行をコピー

STEP.13

ターミナルに貼り付けてEnter

STEP.14

以下のコマンドをコピペしてEnter

git push -u origin main
STEP.15

ユーザー名を聞かれますので、Gitのユーザー名を入力してください。

※スクショ取れませんでしたすみません。(後で更新します。)

STEP.16

パスワードを聞かれますが、ここは上記で作った個人アクセストークンを入力してください

※スクショ取れませんでしたすみません。(後で更新します。)

STEP.17

Gitがアップロードされたかを確認しましょう。

GitHubの画面に戻って左上のリロードボタンを押してリロードしましょう。

FIXME:画像

ここにいつも触っているコードがあればOKです。

これで、アップロードができました!

GitHubのソースコードを共有

~~~~~~~~~執筆中~~~~~~~~~

初回のGitHubのプロジェクトの更新手順

~~~~~~~~~執筆中~~~~~~~~~

GitHubのプロジェクトの更新手順

~~~~~~~~~執筆中~~~~~~~~~