【Git】2021年8月13日からGitでリモートにアクセスができなくなった。Support for password authentication was removed on August 13, 2021.

エラー文

いつも通り、pullやpushをすると、以下のエラーが表示されます。

Support for password authentication was removed on August 13, 2021. Please use a personal access token instead.
remote: Please see https://github.blog/2020-12-15-token-authentication-requirements-for-git-operations/ for more information.
fatal: unable to access 'https://john-doe@github.com/john-doe/foo-repository.git/': The requested URL returned error: 403

原因

2021年8月13日から、ローカルからGithubにアクセスする際にパスワードではなく、個人アクセストークンが必要になったため。

解決方法

以下の記事に書いていることを行えば良い

参考 個人アクセストークンを使用するGitHub Docs

自分がやったことを手順として残しておきます。

STEP.1
githubにアクセス
STEP.2
Settingsを開く

右上のアイコンからメニューを開き、Settingsを選択

STEP.3
Developer settingsを開く

Developer settingsをクリック

STEP.4
Personal access tokensを開く

Personal access tokensをクリック

STEP.5
トークンを新しく作成する

Generate new tokenをクリック

パスワードが聞かれたらパスワードを入力する

STEP.6
名前をつける

わかりやすい名前をつける。

自分は今回、MyToken+日付にした。

STEP.7
Scopesを指定する

repoと、admin:repo_hookとdelete_repoにチェックを入れる

STEP.8
トークン作成

Generate tokenをクリック

STEP.9
トークンをコピー

作成したトークンをコピーする

STEP.10
キーチェーンを開く

command + スペースを押して、Spotlightを表示させ、キーチェーンを起動する

STEP.11
github.comのパスワードを確認

①iCloudを選択(人によっては違うかも)

②パスワードをクリック

③github.comをダブルクリックする

STEP.12
パスワードを書き換える

①パスワードを表示をクリック(パスワードが聞かれたらMacを開くときのパスワードを入力)

②先ほどコピーしたトークンで上書きする

これで、OKなので、キーチェーン、github.comは閉じてOKです。

gitのリモートに接続できるか確認してみてください。