【Xcode/Swift】リジェクト:Guideline 5.1.1 – Legal – Privacy – Data Collection and Storage

Book Masterをリリースする際に、Guideline 5.1.1のリジェクトを受けたので、その内容・対応方法を解説します。

リジェクト内容

Guideline 5.1.1 – Legal – Privacy – Data Collection and Storage

We noticed that your app requests the user’s consent to access the camera, but doesn’t sufficiently explain the use of the camera in the purpose string.

To help users make informed decisions about how their data is used, all permission request alerts need to explain how your app will use the requested information.

Next Steps

Please revise the purpose string in your app’s Info.plist file for the camera to explain why your app needs access and include an example of how the user’s data will be used.

You can modify your app’s Info.plist file using the property list editor in Xcode.

Resources

– See examples of helpful, informative purpose strings.
– Review a list of relevant property list keys.

ガイドライン5.1.1-法的-プライバシー-データの収集と保存

アプリがカメラへのアクセスについてユーザーの同意を求めていることに気付きましたが、目的の文字列でカメラの使用法を十分に説明していません。

ユーザーがデータの使用方法について十分な情報に基づいて決定できるように、すべての権限リクエストアラートでは、アプリがリクエストされた情報をどのように使用するかを説明する必要があります。

次のステップ

カメラのアプリのInfo.plistファイルの目的文字列を修正して、アプリにアクセスする必要がある理由を説明し、ユーザーのデータがどのように使用されるかの例を含めてください。

Xcodeのプロパティリストエディタを使用して、アプリのInfo.plistファイルを変更できます。

資力

-役立つ有益な目的の文字列の例を参照してください。
-関連するプロパティリストキーのリストを確認します。

簡単に言うと、アルバムを使うときは、Info.plistでしっかりと使う目的を明確に記載してください。と言うことです。

今回、アルバムを使う目的は記載していたのですが、足りませんでした。と言うのも、今回のアプリは本の表紙を自分で設定する時と、自分のプロフィール画像を設定するときの二つの目的がありましたが、本を表紙で設定するためにアルバムにアクセスします。としか記載していませんでした。

そのため、リジェクトを受けてしまいました。

対応方法

Info.plistで目的をしっかりと記載しました。

このリジェクトについてネットで検索してみると、2年前の自分が同じような記事を書いていました。。笑