【Mac】USキーボードとは?メリットデメリットから、カスタマイズまで徹底解説

8月から現場が変わり、これからUSキーボードMacを使うことになりました。最初はやっぱ使いにくいかなぁとか思ってましたが、色々と設定してポイントを押さえて慣れれば全く問題ないので、行った設定や気をつけるポイント、JIS、USとのメリットデメリットを紹介していきたいと思います。

と記事を書こうとしたら、ちょうど同じタイミングでmonographの堀口さんがJISかUSかの動画を出していました。正直、言いたいことを全て言われてしまったなという感じです笑。まぁでも設定の細かい手順などは、この動画ではわからないので、この記事ではそこをしっかりと解説していきたいと思います。

USキーボードとは?

まず、Macのキーボードは何種類かありますが、日本人はJISキーボードか、USキーボードのどちらかを使っているかと思います。

それぞれ何が違うのかというと、キー配列とキー印字が違います。

JISというのは、Japanese Industrial Standardsの略で、日本産業規格のことなので、日本人向けに作られたキーボードです。なので、日本人はJISキーボードを使っている方が多いかと思います。

で、今回の記事で紹介するのが、英国のUSキーボードです。

JISキーボード

USキーボード

USキーボードを使うメリットデメリット

メリット
  • キーにひらがなが印字されていないのでシンプルで美しい
  • 記号の配列が統一されていて直感的にわかりやすい
  • スペースが大きい
  • バックスラッシュ(\)が打ちやすい
デメリット
  • 日本ではJISの方が圧倒的にシェアが高いので、人に教えたり会社の端末や他の端末を触るときに大変。ミスった時「俺USキーボードなんだよねぇ」とか言い訳しなきゃいけない。。。
  • 慣れないと、Enterが小さくてバックスラッシュ(\)を打ってしまうことがある。
  • ちょっとカスタマイズしないと、カナ変換やcontrolの位置など使いにくい。(英数とかなのキーボードがない。)
  • 日本語の印字がないので日本語で打ちにくい

という感じですかね。

自分は、会社から支給されたMacBookがUSキーボードだったので、これからUSキーボードを使っていきますが、家のMacはJISキーボードです。ですが、これから変えるつもりはありませんし、これからもJISキーボードを使っていきたいと思います。やはり慣れてるし、人に教えるってことを考えると、JISを使っていた方が良いのかなという感じです。

ただ、USキーボードも使えるようになっていた方がかっこいいですよね笑。なので、会社からUSキーボードが支給されたのは良い機会だと思っています。

USキーボードを使いこなす方法

デメリットにも書きましたが、多少カスタマイズしないと使いにくいです。

主に以下の2つのカスタマイズを行います。

  • caps lockcontrolを入れ替える
  • かな英数のキーを作る

caps lockとcontrolを入れ替える

USキーボードだと、controlの位置が左下なので、結構押しにくいですね。(JISに慣れてるから)プログラミングしているときに、control + commandとか使うのですが、小指が攣りそうです。

ということで、JISと同じように、controlの位置をTabキーの下に配置しましょう。

STEP.1

メニューバーからりんごマーク > システム環境設定

STEP.2

キーボードを選択

STEP.3

①キーボードを選択
②修飾キーをクリック

STEP.4

①Caps Lockのところを^ Controlに変更
②OKをクリック

これで、caps lockcontrolに変更されました。

caps lockを使う方は、元々あるcontrolと置き換えてもOKです。自分はcaps lockは使わないというか、逆に邪魔なキーなので今回はどこにも割り当てていません。

かなと英数のキーを作る

USキーボードの最大の問題の、かな英数のキーがないという問題です。ここは、どのように対応するのかというと、JISはスペースの左右に英数とかながあるのですが、USは、左右はどちらもcommandキーになります。

commandは重要なので変更したくないのですが、commandって単体で押すことってほぼないんですよね。なので、単体で押した時にかな英数のキーの役割をして普通にcommandとしても役割をできるようにするというのが一番JISキーに近づけます。

ということで、スペースの左右のcommandかな英数を付与していきましょう。

controlなど主流なキーボードは設定から変えられるのですが、細かい設定はアプリを使わないと変えられません。ということでアプリをインストールして対応していきたいと思います。

STEP.1

今回は、Karabinerというアプリをインストールして対応していきたいと思います。

以下のダウンロードボタンをクリックしてください。

ダウンロード

STEP.2

Download v14.6.0というボタンをクリック

STEP.3

ダウンロードフォルダーからKarabiner-Elements-14.6.0.dmgをダブルクリック

STEP.4

Karabiner-Elements.pkgをダブルクリック

STEP.5

続けるをクリック

STEP.6

インストールをクリック
パスワードを求められたらパスワードを入力

STEP.7

閉じるをクリック

注意

自分は一度行っていたので、手順はありませんでしたが、Shiftキーの左右のキーボードを押さなければならない手順があります。画面の指示に従って対応してください。

STEP.8

インストーラーはもう必要ないのでゴミ箱に入れるをクリック

STEP.9

①Finderを開いて、アプリケーションフォルダを選択
②Karabiner-Elementsをダブルクリック

STEP.10

①Complex Modificationsをクリック
②Add ruleをクリック

STEP.11

Import more rules from the Internet (Open a web browser)をクリック

STEP.12

International (Language Specific)をクリック

STEP.13

「For Japanese (日本語環境向けの設定) (rev 6)の右側のImport」をクリック

許可ウィンドウが表示されたら許可してください。

STEP.14

Importをクリック

STEP.15

「コマンドキーを単体で押したときに、英数・かなキーを送信する (左コマンドキーは英数、右コマンドキーはかな) (rev 3)」の右側のEnableをクリック

STEP.16

あとは、Macで許可しなければなりません。

システム環境設定を開いて、セキュリティとプライバシーを選択

STEP.17

①プライバシーを選択
②入力監視を選択
③鍵マークをクリックしてパスワードを入力
④karabiner_grabberとkarabiner_observerのチェックをON

STEP.18

スクショをトリア忘れてしまったのですが、一般にてKarabinerを許可する手順があったような気がします。。

①一般をクリック
②鍵マークをクリックしてパスワードを入力
③Karabinerを許可する

これで、スペースの左右のコマンドが、かなと英数になっているはずです!