【Xcode/Swift】ネットワークの接続確認するライブラリ「Reachability.swift」の使い方を解説

この記事では、「Reachability.swift」というライブラリの使い方について解説していきたいと思います。

Reachability.swiftとは?

Reachability.swiftというライブラリは、ネットワークの接続を確認するためのライブラリです。

Wifi接続なのか、キャリア接続なのか、ネットワーク接続なしなのか。などネットワークの接続状況が簡単に確認できます。

使い方

ライブラリ導入

まずは、以下のcocoapodsでライブラリを導入してください。

pod 'ReachabilitySwift'

cocoapodsのやり方がわからない方は以下の記事を確認してください。

【Xcode/Swift】CocoaPodsの使い方を徹底解説

ネットワーク接続確認ロジック

以下のような感じで接続確認できます。これで実行してみると、コンソールにネットワーク接続状況が表示されます。

import UIKit
import Reachability

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let reachability = try! Reachability()
        switch reachability.connection {
        case .wifi:
            print("Wi-Fi に接続しています")
        case .cellular:
            print("キャリアの回線に接続しています")
        case .unavailable:
            print("インターネットに接続されていません")
        case .none:
            print("該当なし")
        }
    }
}