SwiftUIの基本を身につけたい方はこちら

【お手入れ方法】不潔なエンジニアに物申す。頼むからMacBookを綺麗に扱ってくれないか?

と、タイトルで釣ったところで、この記事ではMacBookのお手入れ方法を徹底解説していきます。

私は、軽度な潔癖症というか、綺麗好き?なので、Macのお手入れはちゃんとしているのですが、職場や友達のMacを見るとものすごく時があります。すごいエンジニアでも結構汚い人がいます。逆にすごいエンジニアほど汚い説もありそう、、、笑

すごいコードを書いてても、すごい正論を言ってても、MacBookが汚ければ響かないです。笑

なるべく、私のような綺麗好きにドン引きされないように、この記事を見ながらお手入れしてみてください。

汚いMacBookの特徴

まずは、汚い点を挙げていきます。

  • 画面に指紋がベタベタ
  • 画面に埃つきまくり
  • キーボードが手垢まみれ
  • 隙間に皮脂が散らばってる
  • 髪の毛が挟まってる
  • スピーカーの穴に何か詰まってる
  • 傷だらけ
  • シールが剥がれかけててベタベタ
  • 黄ばんでる

最悪ですね。。

MacBookを清潔に使おう。

汚いMacBookを卒業しましょう。清潔レベルを4段階用意しました。せめてレベル1はやってください。

清潔レベル1

適度に掃除する。普通に吹いてください。

ティッシュと濡らしたティッシュがあれば綺麗になります。

私は、アルコールなしウェットティッシュを使っています。これ買ったら1、2年は持ちます。

 

清潔レベル2

道具を使って掃除する。

ティッシュとウェットティッシュだと、時間かけてちゃんと磨かないと、ピカピカにはなりません。ですので、ちゃんとした物で拭きましょう。

ティッシュで拭くと、静電気が吐きまくったり、ティッシュがキーボードに挟まったりするので、以下のような液晶クリーナーを使って拭きましょう。

 

埃が溜まっている方は、パソコンのエアスプレーを使うとかなり綺麗になります。キーボード内に挟まったゴミもすぐ取れます。

 

こういう、スライムのクリーナーもあります。

 

ちなみにApple公式のクリーナーもあります。

 

清潔レベル3

Macに傷がつかないように、デスクマットを敷きましょう。

 

こちらのクリップで、Macをちょっと浮かせて、デスクと接触する箇所を少なくすることでMacの表面を綺麗に保つことができます。カフェとかの机は汚いですからね。

 

キーボードカバーを使えば、キーボードがテカテカにならずに済みます。(ただタイピング感がやや薄れるので、私はあんまり好きじゃないです。)

 

清潔レベル4

除電ブラシを使って、画面に埃がつくのを防止しましょう。このブラシで画面をなぞると、埃がつきにくくなります。

 

使わないコネクタ部分にカバーをつけましょう。

 

Mac使わない時は、ちゃんと収納しておきましょう。

まとめ

レベル4までやったらもう完璧ですね!

まぁレベル4までやらなくても良いので、汚い状態で扱うのはやめましょう〜

イケてるエンジニアを心がけてください笑

評価