【Swift/Xcode】UITabBarControllerの実装方法・コンプリートガイド

このページでは、UITabBarタブバーControllerの実装方法から基本的な使い方について解説します。

UITabBarControllerとは画面を切り替えられるメニューのことです。

Twitter、 LINE、 Instagramなどでも使われています。

色々なアプリに使われているUITabBarControllerですが、意外と簡単に実装できます。

今回はそんなUITabBarControllerの実装方法から基本的な使い方を紹介していきたいと思います。

UITabBarの実装方法

UITabBarControllerの作成方法は主に2パターンあります。

パターン①:Embed inから実装

STEP.1
タブバーを追加

①ボードの上のバーを選択

(Embed In)をクリック

Tab Bar Controllerをクリック

たったこれだけでUITabBarControllerが実装できます。

STEP.2
実行して確認

実行してみると、このように下にバーが出てきてItemというボタンが生成されています。

タブバー完成!

パターン②:Objectsウィンドウから実装

STEP.1
オブジェクトを追加

①右上のプラスボタンをクリック(command + shift + L)

Tab Bar Controllerを開いているところにドラッグ&ドロップ

STEP.2
is Initial View Controllerを変更

Tab Bar Controllerの上のバーをクリック

(Show the Attributes inspector)をクリック

Is Initial View Controllerにチェックを入れる

STEP.3
実行して確認

実行して確認するとこのように、タブが2つできています。

タブバー完成!

パターン①とパターン②の違いは、最初の画面を使って実装するか、新しい画面で実装するかの違いです。

自分はよくパターン①の方法で実装することが多いです。

UITabBarの基本的な使い方

画面の追加方法

STEP.1
画面を追加

①右上のプラスボタンをクリック

ViewControllerを空いているところに配置

STEP.2
TabBar紐付け

Tab View Controllerと書いていることろをcontrolを押しながらドラッグ&ドロップ

STEP.3
TabBar紐付け

view controllersを選択

STEP.4
実行して確認

タブバーが追加されているか確認しましょう。

画面追加完了!

アイコンの変更方法

STEP.1
アイコン、名前を変更

①変えたいタブのタブバーをクリック

(Show the Attributes inspector)をクリック

③TitleとImageを変更

STEP.2
実行して確認

このように、アイコンが変更されているか確認しましょう。

アイコン変更完了!

知っておきたいUITabBarのプロパティ

タブバーの高さを変更する方法

extensionか、UITabBarを継承するクラスを作成して紐づけて以下のコードを追記する

override func sizeThatFits(_ size: CGSize) -> CGSize {
    var size = super.sizeThatFits(size)
    size.height = 100
    return size
}

やり方がわからない方はこちら