【Xcode/Swift】Xcodeをインストールする方法(beta版のインストール方法も記載)

この記事ではXcodeのダウンロード方法について解説していきたいと思います。Xcodeをダウンロードする方法として、以下の2パターンあります。

  1. App Storeからダウンロードする方法
  2. Appleの公式サイト(developer.apple.com)からダウンロードする方法

ちょっとアプリ開発してみたいという方なら、①の方法で良いですが、これからしっかりとアプリを開発、運営していきたいという方には、②の方法をオススメします。理由はのちに説明します。

1. AppStoreからダウンロードする方法

以下のボタンをクリックしてください。

App Storeへ

そうすると、[App Store.appで開く]というボタンが表示されるのでそれを押してください。

押したら、別ウィンドウのApp StoreでXcodeのダウンロードする画面が開かれると思います。そこからダウンロードしてください。

Xcodeはすごく重いので、Macのスペックにもよりますが、30分から3時間以上かかります。

2. Appleの公式サイトからダウンロードする方法

注意

Apple Developer Programの会員登録が済んでいないとこちらの手順はできません。

公式サイトからだと、zipファイルでダウンロードできます。そのため、2つのXcodeを共存させることができます。例えば、Xcode12→13に変更すると、何かしらエラーが必ずおきます。そうすると、ビルドできなくなるので、緊急なリリースなどできなくなってしまいます。。旧バージョンをとっておくことでそのリスクがなくなるので、こちらのダウンロード方法がおすすめです。

以下のサイトからダウンロードできます。betaと書いていない最新のXcodeをダウンロードしましょう。

Developerサイト

beta版をダウンロードする方法

上記と同じ方法でbeta版もダウンロードできます。

Developerサイト