【Xcode/Swift】Firebase Analyticsを使ってリアルタイムでログを取得する方法

この記事では、FirebaseのDebugView、Eventsタブにログを出力する方法を解説していきます。

以下の画像のようなログが確認できます。

アプリにログを出力する方法

今回は、ボタンを押した時のログを取得していきたいと思います。

STEP.1
Firebase導入

まずは、以下の記事で、Firebaseをプロジェクトに導入します。

【Xcode/Swift】Firebaseの導入の仕方・使い方〜アカウント作成から詳しく解説〜
STEP.2
UI作成

まずは、UIを作成します。以下のように、ボタンを配置し、紐づけてください。

①ボタンを配置
②ボタンを@IBActionbuttonActionという名前で紐付ける。

STEP.3
import

まずは、importしましょう。

import FirebaseAnalytics

STEP.4
ログ取得処理

以下のコードをボタンを押したときの@IBActionの中に記述してください。

Analytics.logEvent(AnalyticsEventSelectContent, parameters: [
    AnalyticsParameterItemID: "buttonAction",
    AnalyticsParameterItemName: "buttonAction",
    AnalyticsParameterContentType: "buttonAction",
])

STEP.5
コンソールにも表示させる

Xcodeのコンソールにも表示させるようにしましょう。

上のスキーマのところからEdit Schemeを選択してください。

もしくは、command + shift + ,で開けます。

①Runを選択
②Argumentsを選択
③+ボタンをクリック
-FIRAnalyticsDebugEnabledを追加

これで準備完了です。

STEP.6
取得したログを確認

では、実行して確認してみましょう。実行の仕方ですが、普通に実行するだけだと、ログはコンソールにしか出力されません。

以下の手順で確認してください。

①実行する(command + r)
②停止する(command + .)
③シミュレーターを開き、アプリを起動する
④ボタンをタップする

停止せずに、ボタンを押してしまうと、Xcodeのデバッグモードになってしまい、ログはコンソールにしか出力されません。

Firebaseのコンソールから、左のDebugViewというタブにリアルタイムでログが表示されます。

Eventsタブからもログが確認できますが、こちらは、ログを取得してから24時間たたないと反映されません。

これでログが取得できたかと思います。

Firebaseを使ってクラッシュ時のログを取得する記事も書いてるのでみてみてください。

【Xcode/Swift】Firebase Crashlyticsでクラッシュログを収集する方法