【Xcode/Swift】Firebaseの導入の仕方・使い方〜アカウント作成から詳しく解説〜

この記事では、Firebaseって何?という方が、Firebaseを導入してみてなんとなくFirebaseってこういうもんなんだ。とわかる記事です。

そもそもFirebaseとは?

Firebaseとは、Google社が運営している(2014年にGoogleが買収)クラウドサービスの一つで、モバイルアプリ・Webアプリのバックエンド機能を提供してくれるサービスです。

無料であらゆる機能が使えます。このFirebaseがあれば、バックエンドの知識がそれほどなくても、簡単に機能が作れてしまいます。

今回は、それらの機能の一部のログ収集について解説していきたいと思います。

Firebaseアカウント登録

Firebaseのサイトのレイアウトはしょっちゅう変わるので、以下の手順とちょっと違うかもしれませんが、その時は臨機応変にお願いします。

用意するものは、メールアドレスだけです。

STEP.1

まずは、Firebaseにアクセスしてください。

FIrebaseへGO

STEP.2

「使ってみる」をクリック

STEP.3

Googleのアカウントでログインします。

STEP.4

「プロジェクトを作成」をクリック

STEP.5

①プロジェクト名を記載
②規約にチェックを入れる
③「続行」をクリック

STEP.6

「続行」をクリック

STEP.7

①対象地域を選択
②規約にチェックする
③「プロジェクトを作成」をクリック

STEP.8

「続行」をクリック

STEP.9

「iOS」をクリック

STEP.10

①Bundle Identifierを入力(それ以外は省略可)
②「アプリを登録」をクリック。

STEP.11

「GoogleService-Info.plist をダウンロード」をクリック

注意

ダウンロードが2回目の方は以下のように、ファイル名が
GoogleService-Info (1).plistというふうに記載されます。 (1)を取り除いてください。

STEP.12

Xcodeにて、先ほどダウンロードしたファイルをプロジェクトにアップロード

STEP.13

①「Copy items if needed」、「Create groups」にチェックを入れる。
②「Finish」をクリック

(追加されるまで5秒ほどのラグがある。)

STEP.14

サイトに戻って「次へ」をクリック

STEP.15

CocoaPodsで以下のpodをプロジェクトに追加する。

pod 'Firebase/Analytics'

CocoaPodsのやり方がわからない方はこちらの記事を見てやってみください。

【Xcode/Swift】CocoaPodsの使い方を徹底解説

プロジェクトに追加できたら、「次へ」をクリック

STEP.16

①,②,③AppDelegate.swiftに、以下の2行を画像の通り追記する。

import Firebase
FirebaseApp.configure()

④追記するだけではエラーになるので、command + bでビルドしておく。

追記したら「次へ」をクリック

STEP.17

「コンソールに進む」をクリック

お疲れ様でした。これで完了です。

この画面が、Firebaseのコンソール画面です。これであなたもFirebaseが使えます!

Firebaseの使い方

Firebaseには色々な使い方があります。

・Firebase Realtime Database
・Firebase Analystics
・Firebase Hosting
・Firebase Cloud Messaging
・Firebase Authentication
・Firebase Crashlytics
・Cloud Firestore
・Cloud Functions for Firebase
・Cloud Storage for Firebase

Firebase Crashlytics:ユーザーのクラッシュログの収集

ユーザーアプリを使ってて、クラッシュした時のログを取得できます。

【Xcode/Swift】Firebase Crashlyticsでクラッシュログを収集する方法

Firebase Analytics:ユーザーのイベントログを収集

イベントログをリアルタイムで取得できます。

【Xcode/Swift】Firebase Analyticsを使ってリアルタイムでログを取得する方法