【Xcode/Swift】Xcode14対応、iOS16対応。対応したこと・変更点・気づいたことまとめ

~~~~~~~~~随時更新中~~~~~~~~~

この記事では、Xcode14、iOS16で対応したこと・変わったこと・気づいたことをここにまとめていきます。

公式の改訂履歴

Xcode 14には、すべてのAppleプラットフォームでAppを開発、テスト、配信するために必要なものがすべて含まれています。SwiftとSwiftUIのシンプルさとパワーを活用し、新しいマルチプラットフォームApp体験の実現、強化されたエディタ機能を利用した、より高速なコーディング、Xcode CloudからTestFlightやApp Storeに移行してテスト、デプロイを始めたりすることができます。

引用元:Apple Developer-(Xcode 14の概要)

Xcode14のリリースノートについてはこちら

ダウンロードリンクはこちら

対応したこと

Macのアップデート

macOS Monterey 12.5以上でないとXcode14を立ち上げられないため、バージョンアップが必要でした。

iPhone実機のデベロッパモードをON

iOS16から、iPhoneの設定でデベロッパモードという項目が追加された。これをONにしていないと実機でビルドできない。

【Xcode/Swift】実機エラー:「To use iPhone xx for development, enable Developer Mode in Settings → Privacy & Security.」の解決方法

ちなみに、実機でのプレビューも同じようにデベロッパモードをONにしなければならない。

【Xcode/Swift】Xcode14で、実機のプレビューを実行するとエラー:「FailedToConnectToDTServiceHubError」について

変わったこと・気づいたこと

インストールが早くなった!

容量が30%縮小されたということで、インストールが早くなりました。確かにインストールが10分くらいで終わった気がします。。前まではインストールに3時間以上かかってたりするのでここは最高のアップデートですね。

そうなんです。快適です。

プロジェクト作成時のコードに画像が追加された

今までTextだけでしたが、Xcode14からImageが追加されました。

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        VStack {
            Image(systemName: "globe")
                .imageScale(.large)
                .foregroundColor(.accentColor)
            Text("Hello, world!")
        }
        .padding()
    }
}

AppIconが一つになった

AppIconが1024*1024だけで良くなりました。

AppIconを全て用意するの大変でしたよね。ツールはあるっちゃあるけどツールを使うとちょっとずれたりして結局手動でやってました。これはかなり楽です。というか今までなんでこれを指定しなきゃいけなかったのかが謎ですね。。

ちなみに、AllSizeを選択するといつも通りに個別にアイコンを指定できます。

プレビュー画面が色々と変わった

色々と変わりました。左下に色々とボタンが配置されています。。

resumeボタンがなくなった

リアルタイムで更新されるようになりました。いちいちResumeを押す必要がなくなりました。というか常に実行状態です。

Variants

プレビューの左下にVariants( )というボタンが追加されました。

これが素晴らしすぎます。

Color Scheme(ダークモード・ライトモード)と、Orientation(端末の向き)と、Dynamic Type(設定から変えられる文字の大きさ)を同時にチェックすることができます。

プレビュー実行ボタン

プレビューの実行ボタンが左下になりました。

Selectable

そのViewのコードがどこなのかを確認するときは、マウスカーソルマークを押します。その状態でViewをダブルクリックすると、そこのViewのコードが黄色く表示されます。

Device Setting

ここからデバイスの設定ができます。

Preview on Device

ここから実機でプレビューすることができます。

エディタースクロール時にクラス名やメソッド名が固定される

エディター画面でスクロールした時、そのクラス名やメソッド名の行が一番上に固定されるようになりました。

SwiftUIのコーディング中なんか特に楽になります。モディファイアをどのスコープにつけるかを考える際にコードが長いとスクロールしたりリボンで閉じたりしてとてもめんどくさかったのでこれは本当に便利です。

SF Symbols検索機能

今まで、Symbolの名前を調べるには、SF Symbolsというアプリを使って確認しなければなりませんでした。

ですが、Xcode14からはSF Symbolsを使う必要はありません。

右上のプラスボタン(command + shift + L)からを押すと、Symbolsが検索できます。

そのまま追加することも可能です。

保管時に引数を指定できるようになった

SwiftUIで.frameを指定するときに、widthだけ指定したいときは、保管を使って、heightとalignmentを削除しなければなりませんでした。

しかし、Xcode14からは、引数をそのまま指定することができますので、.frawiというふうに打つと、.frame(width: CGFloat)と入力することができるようになりました。快適さが増しましたね。

複製

なんと、command + dでエクセルみたいにコードを複製できちゃいます。

ちなみに、複数行の複製も可能です。

https://twitter.com/PR_iOS/status/1567884487601561601

ビルドがめっちゃ早くなった

並列処理を行なってビルド改善されました。25%も早くなりました。ビルド以外にも色々と早くなってます。

シミュレーターの切り替えが楽になった

最近使ったシミュレーターがRecent欄から選べるようになりました。

検索もできるようになってます。

インデントが自動的に揃う

以下の例だと、VStackのかっこ閉じを入力した時にインデントが自動的に揃いました。

https://twitter.com/krips/status/1533973589925449729

{で囲うのが楽になった

以下の例だと、TextVStackで囲いたいというときに、選択して{を入力すると、画像のように{}で囲われますので、あとはVStackを追加するだけです。

これは地味にありがたいですね。

ちなみに、Xcode13以前で同じようなことをするには、Textcommandを押しながらクリックして、Embed in VStackをクリックしていました。

この操作がちょっとだるいので、結局普通にVStackを作ってそこに切り取って貼り付けていましたね。

Xcode14関連の記事

NavigationBarのタイトルが消える

参考 Xcode14 iOS16 NavigationBarのタイトルが消える問題(UIKit)Qiita

navigationItem.titleが効かなくなったわけではなさそう。上記の記事はbetaなのでもしかしたらRC版で修正されたのかも

AppIconの挙動

参考 Xcode14: 既存アプリのAppIconサイズを1種類に切り替え(Single Size)【WWDC 2022】fuwamaki-media

Xcode14関連の動画

公式の動画

https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2022/110427/

iOS Academy

あきお Swift

Xcode14関連のツイート

https://twitter.com/PR_iOS/status/1567884487601561601

https://twitter.com/SkyArts_dot_com/status/1569147786872127489

Xcode13、iOS15対応

【Xcode/Swift】Xcode13対応、iOS15対応。対応したこと・変更点・気づいたことまとめ