【Mac】「スペルと文法を表示」のショートカットキーを無効化・変更する方法

ブラウザのタブを移動するショートカットキーで、command + shift + [ or ]を使うのですが、たまに、command + shift + :になってしまいます。

そうすると、以下の「スペルと文法を表示」というショートカットキーが実行されて、小さいウィンドウが開かれてしまいます。。

これこれ

まぁ、command + option + or でもタブ移動ができるのですが、Xcodeのタブ移動は上記のショートカットキーなので、、、

ということで、このショートカットキーを無効にする方法を紹介したいと思います。

「スペルと文法を表示」のショートカットキーを無効にする方法

STEP.1

システム環境設定を開いてキーボードを選択

STEP.2

①ショートカットを選択
②アプリケーションを選択
③プラスボタンをクリック

STEP.3

①メニュータイトルに上書きしたいショートカットキーを記載(今回であれば、スペルと文法を表示)
②他と被らないショートカットキーを設定する
③追加をクリック

STEP.4

Chromeを再起動する

これで、command + shift + :を打ってもあのウィンドウが表示されなくなりました!快適です〜

Macのカスタマイズは他にも色々としているので、よかったら以下の記事も見てみてください〜

【2022版】Macの初期設定・カスタマイズ・アプリ・Mac周辺機器を細かく紹介!